決して乗れない見るだけの名器とは?

160912-293「さあさあ、花電車だよ」
ストリップ劇場でそういわれたら、もちろんそれは装飾された路面電車のことではございません。
では、なにかといえば、女性器を器用に使ったすばらしきパフォーマンスのことである。
「よっ、生け花〜!」
と声が飛び交っても、それはまだまだ序の口。
これは、女性器に花を生ける事。
ほかにも、女性器に筆を挿入し、しゃがんで字を書くのが「習字」、卵を出し入れするのが「産卵」。
女性器に筒を入れて矢を飛ばす「吹き矢」もすごワザだ。
花電車はさまざまなバリエーションで魅せてくれるが、なかでも上級のワザといえば「バナナ切り」である。
アソコの入り口ですっぱりとバナナを切ったら、それはもう拍手喝さい雨あられ。
ブラボー!ワンダフル!「すごい巾着だよなあ」
オッサンたちは、そう褒め称えるかもしれない。
巾着とは、その形から想像できる通り、締りのいい名器のこと。
「いやいや、案外タコツボかもしれんぞ」
これも腔口がよく締まる名器の一種だが、腔内の締まりは比較的ゆるい。
「俵締めもいいですねぇ~3段締めにはめったに会えませんがねぇ。」
タコツボで腔内にも締まる部分があれば、それは俵締め。
腔口とほかに一カ所なら2段締め、2カ所なら3段締めと呼ばれている。
高度な花電車を披露してくれる女性に、こうした名器が多いのは当然。
男なら誰もが一度は、そんな名器とお手合わせ願いたいものだ。
とはいえ、彼女たちに乗るのは叶わぬ夢。
花電車は客を乗せずに走るもの。
残念ながら、見せるだけなのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする