クリトリスは女性の魅力?最長は20センチ以上にも

栗がおいしい季節になりましたね。
えっ、違うクリの方がお好きですか?
クリトリスは、親しみを込めて、日本ではクリ、クリちゃん。
英語ではクリットなどと呼ばれる。
その語源は、ギリシャ語で鍵を意味する「クレイス」。
男のペニス同様、海綿体組織でできていて、勃起するし朝立ちもする。
でもペニスのように泌尿器や生殖器としての役割はなく、人体の中で唯一、性的興奮のために特化した器官だともいわれる。

かって、ポリネシアをはじめとする南太平洋の島々では、このクリトリスが大きいことが女性の魅力だった。
そのため、ある島では母親が女の子のクリトリスをオイルなどでよく洗いながら引っ張って、大きくする習慣があったとか。
また年頃になった女性は、寺院を定期的に訪れ、クリトリスの長さを測られたともいう。

ちなみに、クリトリスの平均的な長さは2.5センチ。
アメリカでは、24センチという世界一の記録が残っているとされる。
一方、アフリカや中近東の一部の国々では、宗教的、民族的な儀礼としてクリトリスの切除・割礼が行われるところもあり、重大な人権侵害として問題に。
そのため、切断された後に残された根元を露出させ、それを新しいクリトリスにする「クリトリス再生プログラム」なども提案されている。

日本では正式には陰核と呼ばれ、幸いなことに女子割礼の風習はなかった。
クリトリスは包皮を被り、男でいうなら包茎状態が普通。
やさしく剥いて、刺激してあげよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする