思わずすすりたくなるとってもいい香りの水って?

「インスイが好きで・・・。」
こんな言葉を耳にしたら、それはすなわち飲水?
いやいや、そうではない場合も多いようだ。
性行為のために女性が興奮すると、性器からバルトリン氏腺液、腔液などと呼ばれる粘液が分泌される。
これが男性諸君が大好きなインスイ=淫水である。

「蜜をすくい取るのが大好きなんです」
などという人の蜜もエッチで甘い蜜。
こういう輩は、おそらく甘酸っぱいあの香りに惹かれているのだろう。
そう、バルトリン氏腺液は酸性が強く、独特の匂いを発する。
ほかにも愛液、おつゆ、マン汁、白水、菩提水などなど同義語は数多い。
また古くは保津、女津などという呼び方もされたそう。
ちなみに「津」には、唾、汗など人体からしみ出るものという意味がある。
風雅な表現はさすが日本人!

「アイ・ラブ・ジュース」
というアメリカ人がいたら、そやつもなかなかエッチだ。
英語ではジュースのほか、日本でもお馴染みのラブ・ジュース、さらにクリームなどという単語も使われている。

さて、「彼女のアソコは淫水焼けしていて・・・」
そんな言葉を聞いたことはないだろうか。
淫水焼けとは、頻繁な性行為で性器が黒ずんでしまうこと。
男性の場合は誇らしいことであり、逆に女性の場合は褒め言葉ではない。

「あなたのペニスは青大将のようね」
と彼女に言われたら、それは褒め言葉?
青大将といえば、体長1~2メートルで日本本島最大の蛇のこと。
しかし答えはノー。
淫水焼けしていない、つまり経験の少ない青白いペニスが青大将なのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする