電子コミック ファンサイト ks-dcomic.com

今読まれている人気作品をピックアップして紹介します

DLO-01 カレとの約束【Digital Lover】無料画像~彼女の理沙が先生に処女を奪われちゃう?続編はDLO-02

      2017/06/29

dlo-01-1本日紹介する作品は「DLO-01 カレとの約束」です。

DLO-01 カレとの約束とは?

一瞬が永遠に偶然が必然に・・・
キラキラした青春とドロドロした欲望はいつも隣りあわせ。

「DLO-01 カレとの約束」はDigital Loverことデジラバのなかじまゆか先生の同人作品です。
高校生カップルの彼女が部活の顧問の先生になんと寝取られちゃうお話。
しかも彼女はまだ処女だったのに・・・
罰と称して無理矢理ギンギンに勃起したオチン●ンでピンクのオマ●コを貫かれてしまうのです・・・
処女膜を破かれてしまった痛みで絶叫する理沙は必見ですよ。

 

 

>>【続編】「DLO-02 カレとの約束2」

 

DLO-01 カレとの約束 あらすじ

新田理沙と小暮雄也はテニス部に所属している周りも羨むラブラブカップル。
ある日、二人きりになった部室でキスを交わす。
そのまま理沙は、服を脱がされ下着姿に・・・
ブルーの下着が可愛いくていい感じ。


雄也はブラジャーをずらして乳首にしゃぶりつく!
理沙と雄也はまだSEXは未経験なのだ。
今日こそはと思う雄也だったがハプニングが起きたりで今日もおあずけ。
真面目な性格の理沙は、「大学に入って責任とれるようになるまで待って」と言う。
これが、タイトルでもある「彼との約束」なのです。

雄也もこんな可愛い子目の前にして、我慢できるのだから理沙を大切に思っているのでしょうね。
純愛のいい話なのですが、ここから一気に理沙が大人の欲棒?いや欲望に堕ちてしまうのです。

 

姑息な手段で大人の餌食になる理沙
お待たせしました、ここからがこの作品の抜きどころです!
ある日部活の練習後に顧問の先生の部屋に来るように言われた理沙。
そこで、雄也との関係を聞かれて戸惑うが、さらに決定的なものを見せられてしまう・・・
先日の部室での雄也に胸を舐められている写真!!
学校でこの行為は大問題・・・職員会議にかけるという教師・・・
これが明るみになれば、大学の推薦取り消しは勿論、退学も?

「なんでもしますから許して下さい」と懇願する理沙に教師は罰を受ければ許すと言い出す。
その罰とは、理沙の体に罰を与える事・・・性的罰なのだ!

 

 

dlo-01-3服を脱ぐように命令されピンクの下着姿になる理沙。
ピンクの下着も可愛いですね!!
胸を揉まれて乳首を舐められ、パンティーの上からオマ●コを弄られる。
我慢できなくなった教師は、ついにフル勃起した極太ズル剥けペニスを理沙の目の前に出して口に含ませる。

 

 

dlo-01-4ついに罰は本番に!極太ペニスが理沙のマ●コにめり込んで処女を強奪・・・
処女膜を突き破られた痛みで絶叫する理沙。
初めては、雄也にあげる約束だったのに・・・

 

 

dlo-01-5理沙のお尻を鷲掴みにして、バックから激しく腰を打ちつける教師。
処女でも全く容赦しない高速ピストンでデカチンを出し入れする。

 

 

dlo-01-6先生からのプレゼントはなんと中出し?
処女マ●コの強烈な締め付けで限界を迎える極太ペニス。
ノーガードのまま中に濃厚精子が発射されてしまう・・・?

 

 

【今すぐ読む】DLO-01 カレとの約束

販売価格:648円
(キャンペーン割引やポイント還元あり)
PC・スマホ・タブレット対応button button2

 

 

DLO-01 カレとの約束 評価感想

女性の作家さんが描く女子は、特に可愛いですね。
下着などの細かいところもなんかもポイント高いです。
また、理沙の不安げな表情だったり、犯されている表情はかなり魅力的でした。
著者のブログによるとフルカラーがすご~く大変だったみたいですね。
この作品は、王道的NTR作品に仕上がっていると思います。
清楚で可愛いJK・理沙が極太ペニスで処女を奪われ犯される姿は必見です。

 

 

Digital Lover 作品紹介

DLO-02 カレとの約束2
DLO-01 カレとの約束の続編になります。
処女を奪われたあの日以来、先生に毎日犯されている理沙。
休日まで学校に呼び出されて生中出しされていた・・・

 

 

理沙で妄想してみた

潤んだ黒い瞳をそっと包み込むように瞼をとじる理沙。
ぷっくりとした唇は微かにふるえている。
そっと薬指を添えると半開きにした口からねっとりとした唾液がからんだ舌先がくねくねと何かを求めて彷徨う。
そんな舌先を俺の唇でやさしく含みながら、ちょっと歯で噛んでみる。
胸の膨らみからは、高まる鼓動が伝わってくる。
俺の手は胸を素通りして可愛く窪んだおへそから、ゆるりゆるりと、深呼吸をしているように脈動する下腹部から柔らかい恥毛の中の愛液を垂らす蜜壺へと下りてゆく。
「見てみたいな、理沙のおつゆが垂れているア・ソ・コ」
ピッタリと合わせていた太股を少しずつ開いていく、毛先が粘液で輝くその奥でこんもりと肉付きのよい恥丘がいきづいている。
白濁した愛液のベールを纏ったサーモンピンクの大きめの肉ひだを舌先でつんと刺激すると、腰をくねらせながら、ぐいと俺の鼻先まで突きつけてくる。
「もっと、ねえ、わたしそのひだひだが・・・恥ずかしい」
たまらずチ●ポを突き立てると、肉ひだがねっとりと貼りついてきた。
ぷっくりとした唇のように、肉厚な下の唇が肉の海となって肉棒に吸いついて奥へ奥へと導いてゆく。
果てるのはまだまだだ。
いやがらせのように下のお口から抜き取り、上のお口に愛液のからんだ肉棒を頬ばらせる。
肉ひだをたっぷりと5本の指で可愛がってあげると、ラブジュースがこんこんと湧いてくる。
理沙は肉棒を愛おしくしゃぶりつづける。
今宵は聖女から性女に変貌したようだ・・・。

 - 大人コミック , ,