美少女たちを待ち受けるミライとは?

今回紹介する作品は『クライミライ』。
なんつーか、アレですな。
30代独身で彼女なし、おまけに貯金もろくになし。
そんな人生を送っているオイラには、なんともぴったり過ぎるタイトルですな。
はあああ・・・。
なんかこう、アレだよね。
人生に疲れたと思う瞬間って、こういう時だよね・・・。

などと凹んでいても仕方がないので内容のほうを紹介していこう。
主人公の柾は薊学園新聞部の部長。
この薊学園には「心療クラブ」という部活動があった。
このクラブ、名前はなんか人助け集団っぽいのだが、その実態は怪しいクスリを使ったり、弱みを握って脅したりという卑劣な手で女子生徒を陵辱していく悪どい連中。
取材中、彼らの実態を知ってしまった柾と新聞部の少女たちは、次々と彼らの罠へ落ちていく。
少女たちを待ち受けているのは、男たちのオモチャとなる「クライミライ」だけだった。
よかった・・・、ミライがクライ人は、俺だけじゃないんだ(よくね―よ!)

不思議な異世界は美少女だらけ!

続きまして「ブラックゲート 姦淫の学園」の紹介です。
もしも、別の世界に行くことができたら?
でもって、そこが剣と魔法のファンタジー世界で自分が勇者かなんかになっちゃったら?
そこでどんなことをしてみようか?
なんてこと、誰でも一度や二度は妄想したことがあるはず。
っていうか、健康な男性ならば中高生時代は平均1日に3回、30過ぎても1日1回ぐらいは妄想してるという調査結果も出ている(調査対象:俺)。
というわけで、この作品もみんなが大好きなそんなネタを題材にしたファンタジー。
原案・総作監・キャラ設定を務めるのは、名作「BLACK BIBLE」シリーズでおなじみのよし天氏だ。
主人公・成史はガールフレンドのかすみに迫られ、校内でイイコトをしてしまう。
だが、その直後に彼女は「自分の好きな世界を作れるなら、どんな世界がいい?」との言葉を残して姿を消す。
彼女は神秘の力で異世界への門を開き、そこに行こうとしていたのだ。
彼女を追って異世界に向かった成史と、6人の少女たちの運命は!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする