文学女子に食べられる3【ひまわりのたね】童貞男子とアブノーマルプレイ?

文学女子に食べられる3

文学女子に食べられる3
制作:ひまわりのたね
文学女子に様々なプレイで甘く優しく激しくたっぷり可愛がられる第三話
童貞の先輩が文学女子に女装させられ、アナルを奪われる?

今回は、文学女子側の視点中心に物語が始まります。
今までで最長の107ページのストーリーになりました。
彼女の深い愛で、第一話、第二話より更に、どんどんアブノーマルな性癖を開発されて、二人だけの溶け合うような甘々濃密SEXの虜になっていく童貞先輩をお楽しみ下さい。
メスイキ調教、前立腺責め、アナル舐め、乳首責め、女装させられ、止まらない中出し射精…
アブノーマルな激甘トロけ愛情SEXストーリー。

文学女子に食べられる

文学女子に食べられる
制作:ひまわりのたね
隠れ肉食系の年下文学女子に童貞男子が食べられる!

普段無口で大人しい後輩女子に童貞男子が優しく激しく食べられる…!
文学サークルの後輩女子に密かに恋心を抱いていた僕…
ある日その子から飲みに誘われ…「ある告白」をされた…
後輩は、「その行為」に僕も興奮していることがわかると感激し…
次第に豹変し…
優しく…激しく…僕を…!
男子を甘攻めするのが大好きなフェチ系女子に徹底的に射精させられ、セックスを通じて愛の告白をされる純愛ストーリー。

文学女子に食べられる2

文学女子に食べられる2
制作:ひまわりのたね
優しくひっそりと、その深い愛で搾り取られる・・・
文学サークルのフェチ系後輩女子に童貞男子先輩が食べられるストーリー第二話

男子を甘責めするのが大好きなフェチ系女子に徹底的に射精させられ、
セックスを通じて愛の告白をされる純愛ストーリー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする