退魔士サヤ【クリムゾン】エリート女退魔士天花寺サヤが強制絶頂に!!

退魔士サヤ


退魔士サヤ
制作:クリムゾン
退魔士カグヤシリーズに登場する「天花寺サヤ」の活躍を描いた同人コミックです。

誇り高きエリート女退魔士が、すべてを奪われる・・・

妖魔アジトへの大規模襲撃戦は成功。
だが、天花寺サヤはこの戦いで妖魔の卑劣な罠にはまり、部下の前で辱めを受けるという失態を晒していた……。
この屈辱を晴らすために妖魔ジョジョウの居場所を突き止め、退魔士協会に知らせることなく部下3名を連れて襲撃を敢行したが――。
またもジョジョウの罠にはまり捕らえられ…
淫水の効果が残っていたためにカラダが敏感に反応してしまい抵抗できず…
絶頂の快楽を何倍にも増幅させる魔道具により押し寄せる快楽に耐えきれず、強●絶頂を与えられ続けたサヤは不覚にも気を失ってしまい…
霊力の根幹である『霊源』を絶頂のたびに吸収する装置を取り付けられたサヤは絶頂を我慢するも抗えず、妖魔の思うがままに…

 

 

 

退魔士サヤ2


退魔士サヤ2
制作:クリムゾン
エリ-ト女退魔士が失った力を取り戻すための手段は・・・
無能な部下に何度も弄ばれること・・・そんな屈辱的な選択肢しかなかった・・・

妖魔のアジトに攻め込み捕らえられ、魔力の根幹である霊源を吸収され能力を奪われてしまった天花寺サヤ。
カラダを弄ばれ絶体絶命の状況だった彼女だったが、目を覚ました時には敵の妖魔幹部である『宝来ジュエ』に救出されていた。
天花寺サヤの霊源も一緒に取り戻したと語るジュエだったが、その霊源はサヤの部下である男の中に格納されてしまっていた。
すべての力を取り戻すために、サヤがしなければならないこと…
それはその部下の男と性交することだった。
しかも自分の快感が最高潮に高まっている状態で、射精させる…という屈辱極まりない方法…。
淫水の効果で敏感になったままのサヤは、部下にカラダを触られ続け何度もイカされてしまい…
力を手に入れ暴走し始めた部下の男の行為はどんどんエスカレートしていき…。

 

 

 

退魔士サヤ3


退魔士サヤ3
制作:クリムゾン
力を取り戻すために、エリート女退魔士が選んだのは・・・?
無能な部下に、弄ばれ続けるという長く屈辱的な日々だった・・・

妖魔に捕らわれ、霊力の元となる霊源を吸収されてしまった天花寺サヤは、エリート退魔士から無力な女に成り下がってしまった…。
その後、救出され霊源も取り戻すが成り行きでサヤの部下に渡ってしまい、霊源を取り戻すためには、その部下と77回交わり精液をサヤの体内へ注ぎ込まれなければならなかった。
お尻を念入りに弄ばれ、抵抗しようにも自身の術を使われ身動きが取れない状態で何度も何度も強制絶頂させられ・・・
100回イかされた身体はすでに限界を迎えており、力が入らない状況になったところに
バックから挿入されてしまう・・・。
完全に身体をコントロールされてしまったサヤはなすがまま昭善に身体を貪られ、ついにはサヤの口から・・・

 

 

 

退魔士サヤ4


退魔士サヤ4
制作:クリムゾン
終わらない悪夢・・・身体を徹底的に弄ばれ、プライドを踏みにじられ、自分自身も知らなかった性質が開花してゆく・・・

妖魔に捕らわれ、霊力の元となる霊源を奪われた天花寺サヤは、成り行きで部下の昭善に渡ってしまった自分の力を取り戻すため、唯一の手段である77回精液を膣内に注がれるという儀式を行っていたが、未だその『儀式』は続いていた。
日々エスカレートしていく昭善の性的欲求。
霊力を取り戻すためとはいえ、身体も心も徹底的に弄ばれ続けるサヤ・・・。
そして14日目――。
場所を変え電車で『儀式』を強要されるサヤ。
どうにか耐えようとしていたが、日々の調教により快感に対して弱くなってしまっている身体は簡単に屈し絶頂してしまう。
それでも昭善からの恥辱に耐えていたサヤだったが、突然周りに人が集まりだし・・・。
痴漢に襲われ抵抗しようとするが、昭善がサヤの力を使い身動きできないようにしてきて・・・

タイトルとURLをコピーしました