古今東西エロ社会 犬より猫が人気です

「オレ、もっぱらネコ専門なんだけど」
などと言われても、驚く人は少ないかもしれない。
今や空前のペットブーム。
着飾ったお犬サマやグルメな猫ちゃんたちがあふれるなか、猫好きを宣言してもちっともおかしなことではない。

でも、もし違うネコだったら・・・。
建設現場で働いている方なら、手押しの一輪車、ネコ車を指す業界用語。
それでもない場合は、もしやあなたを誘ってる?
同性愛の関係のなかで、攻めの「タチ」に対して受けは「ネコ」である。

一方、江戸の男たちは、「あの廓の猫は最高だったぜぃ!」などと言ったかもしれない。
この場合の猫とは男と寝る芸者の意味。
「吉原は敷居が高いから、オレは山猫がいいねえ」
幕府の許可なく営業する遊女屋が集まる岡場所の娼婦たちが山猫。

現代でも、「あの子ったら、猫撫で声で男をたぶらかしてる」「昨夜は彼女とニャンニャンしちゃった」「アイツは、サカリのついた猫みたいに男とヤリまくってるんだぜ」などと、猫とエッチは深い関係にある。
さらに海を超えても、ふたつは切っても切れない間柄。
「僕のかわいいプッシー(小猫)ちゃん」
英語圏でそう愛でられているのも女性器。
俗語では「cat」には娼婦や性悪女の意味もあり、「cat house」は売春宿を指す。
ただし、「オレ、赤猫が大好きなんだよなあ」とカミングアウトされたら、かなり危険!
赤猫とは放火の隠語、大変な犯罪行為になってしまいます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする